除湿機ならコンデンス除湿機

店長の原です。

グランドデュークス
東海株式会社
いちナビ事業部
愛知県名古屋市名東区
藤森西町806-1

TEL : 0120-998-557
受付時間 : 午前9時30分
  〜午後6時(日・祝日休み)
FAX : 0120-077-329
E-mail : cdc@gdtokai.jp
URL : http://www.jositu.com/

アレルギーと湿度

アレルギーを引き起こす主な原因は「チリダニ」です。
アレルギーの緩和と予防のためにダニ対策は欠かせません。

アレルギーの中でも、特に「アトピー性皮膚炎」や「アレルギー性ぜん息」の患者数が急激に増加しています。
これらのアレルギーの最大の原因は、よく知られるスギやヒノキなどの花粉、卵や牛乳などの食品類ではなく、トップは「チリダニ」なのです。

ダニの死骸や脱皮殻、フンは、時間が経つと乾燥し、細かくくだけて微粉末となるので、布団の中綿やカーペットの毛足の奥、タタミの中から徐々に浮き出てきます。そして、布団の上げ下ろしや掃除機の排気、寝返りなどで空気中に舞い上がり、室内をフワフワと漂います。私達は、これらを気づかない間に吸い込んでしまい、体内にどんどん蓄積させているのです。死骸や脱皮殻、フンを減らすには、生きているダニを減らすしかありません。

幼児の布団のダニ対策が必要です

大人に比べて、睡眠中にも動きが激しくて寝返りが多く、うつぶせで寝ることも多い幼児。寝返りなどで布団から舞い上がったダニの死骸やフンを吸い込みやすいので、幼児の布団のダニ対策はとても大切です。

重症のアトピー性皮膚炎の子供をダニがほとんどいないサナトリウムに住まわせたり、ぜん息患者宅のダニ数を100匹/m2(g)※以下に減らした結果、発症がほとんど見られなくなったという報告があります。
アレルギーの専門医や研究者は、アレルギーの緩和と予防のために、ダニ対策が重要であると指摘しています。

※1m2あたり掃除機を20秒間掛けて採取したホコリ1gあたりのダニ数

健康的な住環境の基準とは

厚生労働省の指導で、健康的で安全な住宅の普及を図る「NPO法人健康住宅普及協会」では、WHO(世界保健機構)のガイドラインと最近のアレルギー臨床報告から、家の中のダニ数が20匹/50mg※以下にすることを、健康的な住環境の基準としてます。

※1あたり掃除機を20秒間掛けて採取したホコリ50mgあたりのダニ数

アレルギーは、敏感な体質の人だけが発症するわけではありません。
確かに両親がアレルギーの場合、子供がアレルギーになる確率は高くなると言われています。
しかし、アレルギーが発症するかどうかは、「体質的なもの」だけではなく、「家の中のダニの数」や「食生活」などによって大きく左右されます。
家族にアレルギーの方がいてもいなくても、アレルギーを発症する可能性は誰にでもあります。

体内のコップがあふれると、アレルギーを発症します

アレルギーの発症は、コップからあふれる水に例えられます。
アレルギーを引き起こす様々な原因が私達の体内に入ってきても、体内のコップが受け止めてアレルギーを発症しないように守っています。
けれど、これらが一定量をこえてコップからあふれた時、アレルギーが発症します。

アレルギー体質の人は、最初からコップに水が入っているのと同じで、許容量が少ないためコップがあふれやすく発症しやすいのです。
アレルギー原因が体内に入り込まないようにして、コップをあふれさせないようにすることが、アレルギー発症の予防に大きな効果があるのです。

グラフ:室内のダニ数とぜんそく発作頻度の関係

ふとんを干してもダニは死にません!

ふとんを天日干ししても、ダニを死滅させることはできません。真夏の炎天下にふとんを干しても、表面温度で約50℃、内部温度は30℃程度です。これではダニを死滅させることはできません。

ふとんを叩いても生きているダニは減りません!

ふとんを叩いても生きているダニは減りません。NHKの番組「サイエンスQ」で実験した結果、5分間で約800回叩いて約800匹程度のダニしか取れませんでした。

寝具に掃除機を掛けることで、確実にダニは減少します

叩いてもダニを減らす効果がなかったのですが、その後ふとんの側を取って掃除機を1分40秒かけたら約2万匹ものダニが取れました。ふとん1枚に潜んでいる死骸も含むダニ総数は、数十万匹いると考えられていますので、1〜2割程度の量しか取れていないのですが、掃除機を掛けることでダニが減ることは間違いありません。この実験では、国産掃除機のパワーノズルで掃除していました。効率よく取れるかは、機種によっても、吸い込み口によってもかなり違いがあります。

秋口にぜんそく発作が多い、アトピーなどアレルギー症状が悪化するのは、押入にしまってあった毛布や掛け布団を、いきなり使用するのが原因です。
梅雨時や夏の間、押入の中のふとんや毛布は高温・多湿で「ダニ繁殖機」となっています。寒くなったからと言って、掃除機を掛けないでいきなり毛布を使うと言うことは、ダニにくるまって寝ているようなものだと思ってください。前もって天日干しをして、掃除機掛けをしておきましょう。

グラフ:集合住宅4家屋和室でのヒョウダニの数

写真:ヒョウヒダニ

ぜんそくの原因として知られるヒョウヒダニ。
その数は梅雨から急激に増加し、夏に最大になります。

小さじ1杯のハウスダストの中にも200〜1500匹のダニがいると言われています。この中のヒョウヒダニは条件がいいと、成虫になってから死ぬまで約2ヶ月の間毎日卵を産み続け(死ぬまでに200〜300個!)、排泄されるフンは2000個に達します。

▲ページトップへ

AZRプラス・ELD 当社限定特価にてキャンペーン中

ただいま、当社限定特価をご用意しております。
特別価格のためホームページ上にお値段を表示できません。
まずはお見積もりをご依頼ください。

24時間365日、30分以内にメールにて回答いたします。

簡単1分入力 お見積もり依頼はこちら 24時間365日受付

お電話でのお見積もりはこちらで受け付けております。

携帯・PHSからもOK! 0120-998-557 受付時間9:30〜18:00(日・祝除く)

こちらから営業電話や売り込みは一切いたしませんので、どうぞ安心してご依頼ください。

ダニが繁殖する条件は温度+湿度+えさ(カビなど)です。
除湿により湿度とカビを減らすことがダニに対する効果的な対策です。

ヒョウヒダニはカーペット、畳、ふとん、布製ソファなどが快適な「住みか」で、フローリングや化学フロアにはほとんど生息できません。カーテンやクロス壁、ぬいぐるみ、衣類などにも生息します。ヒョウヒダニは3つの条件が揃うと爆発的に増えます。

そのT.エサ

ホコリ(フケ、アカが好物)があること

ホコリには、人間のアカやフケが大量に含まれています。その人間(犬や猫などのペットも)のフケやアカがダニの大好物です。食べ物の残りカスも、カビも大好きです。

そのU.温度

20〜30℃であること

25℃付近が一番活動します。50℃以上が20分位続くとほぼ死滅します。ふとんを天日干ししたくらいでは、内部温度がダニを死滅させるほど上がりません。
ふとん乾燥機も同様です。逃げ遅れた表面近くののろまなダニは死にますが、大半は裏側や内部に逃げ込んでしまいます。

営業用のふとん乾燥車でふとんや畳の乾燥をする場合、機内温度を100℃〜90℃に保ちます。2時間位加熱処理すると内部温度を50℃以上に上げることができますので、ダニは死滅しますが、アレルギー対策としては、死骸やフンを取り除かないと効果的ではありません。

そのV.湿度

70%以上であること

75%前後が活発に活動します。50%以下でかなり死滅します。
空気湿度ではなく、「住みか」の湿度です。
寝具や畳、カーペットの内部はかなり湿気があります。

ふとんの天日干しやふとん乾燥機で乾燥しても、ダニを死滅させるはできません。
湿気を取り除き、湿度を下げることでダニ数を減らす効果はあります。

どれか1つでも、生息条件を取り除けば「ダニ退治」ができるわけです。

死んだ後も悪さをするダニ

ぜんそくやアトピーの原因となるヒョウヒダニのアレルギーは、生きているダニだけが原因ではありません。その死骸やフンを空気と一緒に吸い込んだり、皮膚に触れたりすることで引き起こされます。梅雨から急増したダニは、秋になるとその数が減りますが、死がいやフンは残っています。結果、ダニの数が減少していてもぜんそくの発作が増加します。また、ヒョウヒダニが増加すると、それを餌にするツメダニ(ヒトを刺す)も増加します。コンデンス除湿機でダニを退治しましょう。

▲ページトップへ

AZRプラス・ELD 当社限定特価にてキャンペーン中

ただいま、当社限定特価をご用意しております。
特別価格のためホームページ上にお値段を表示できません。
まずはお見積もりをご依頼ください。

24時間365日、30分以内にメールにて回答いたします。

簡単1分入力 お見積もり依頼はこちら 24時間365日受付

お電話でのお見積もりはこちらで受け付けております。

携帯・PHSからもOK! 0120-998-557 受付時間9:30〜18:00(日・祝除く)

こちらから営業電話や売り込みは一切いたしませんので、どうぞ安心してご依頼ください。